『四月十三日』

微睡みの中、壁を挟んだむこう側から微かに声が聞こえる。




何を話しているのかもわからず、ただただぼんやりと、僕はそれを聞いている。




薄明かりの、目を閉じた赤い闇の中で輪郭の無い声が漂う。




懐かしい声。




これは誰の声だろう。




まるで水の中のように、ゆらめいて、泡のように消えていく。これは誰の声だろう。




不確かな闇の中、道標のように。それは遠い記憶。それは僕の中だけの記憶。




壁のむこう、戸のむこう、ドアのむこう、静かな喧騒は終わらない。




僕はドアを開けられず、ここにいてはならぬとわかっていながらも、立ち尽くしその声を聞いていた。




そうだ。




煙のように、陽炎のようにそれはまた、今日も微睡みの中で姿を現す。





初音瞭


☆★チケットはこちらから☆★

Sol.星の花 旗上げ公演「Voice in the Wind」ーヴォイス・イン・ザ・ウインドー

2017/6/2(金) 19:00 ~ 2017/6/4(日) 17:00

高円寺 明石スタジオ

チケット購入先

Sol.星の花

2016年に開催した舞台「ロロとレレのほしのはな」から演劇チームを結成しました。 『Sol - ソル - 』の意味は「Ship of love. (愛の船)Ship of light.(光の船)」 またSolは太陽や生きるという意味も持っています。 「星の花号」という船に乗って世界中に愛と光の種を蒔き、星の花を咲かせていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000