『四月四日』


冬の空気が好きです。冬のきんと冷えきって、肌を刺すような風が好きです。



春を待ちわびる寒々とした裸の木々を抜け、生け垣の霜ばしらに吹きつけ、風は冬を教えてくれます。




近頃は、日が落ちてもあたたかい風が吹くようになりました。




桜が綻び、やがて風はその春の便りを運ぶのでしょう。初々しい制服やおろしたてのスーツの肩を撫でるのでしょう。未だ家具の揃わないアパートの窓から吹き込むのでしょう。




風は時に背中を押し、時に向かい風となり、時に優しく通りすぎて行きます。



いつかの記憶にある温度の、香りの、懐かしさを湛える風に誰かを思い出す事があります。背中を押してくれた、目の前に立ちはだかった、優しく隣に居てくれた誰かを思い出す事があります。



風が立ち止まらぬように、置いて行かれぬように歩き続けようと、ふと空を見上げました。



初音瞭


☆★チケットはこちらから☆★

Sol.星の花 旗上げ公演「Voice in the Wind」ーヴォイス・イン・ザ・ウインドー

2017/6/2(金) 19:00 ~ 2017/6/4(日) 17:00

高円寺 明石スタジオ

チケット購入先


Sol.星の花

2016年に開催した舞台「ロロとレレのほしのはな」から演劇チームを結成しました。 『Sol - ソル - 』の意味は「Ship of love. (愛の船)Ship of light.(光の船)」 またSolは太陽や生きるという意味も持っています。 「星の花号」という船に乗って世界中に愛と光の種を蒔き、星の花を咲かせていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000