Sol.星の花

記事一覧(139)

声ー小財ゆう子ー

呼吸ー田中久子ー

キャストが日替わりで更新しています。5つのテーマから、それぞれ書きたいテーマを選んで自由に文章を書いていきます。 1.目を閉じるとそこにあるもの   2.風   3.星   4.声   5.呼吸 今日は、誰がどのテーマで書いているのでしょうか・・・? 【テーマ:呼吸】手術室は無機質な空気、緊迫した静寂、別世界へ誘われたような冷気が漂う。唐突に 私の顔の上から麻酔医が覗き込んで「はい、これから麻酔をかけますからね、、心配しなくていいですよ。」と。...................息はしているのか?いや、鼻と口に異物?なにかある。。そうか、覚醒する前に 息をし、聴覚が作動するんだ。酸素マスクをようやく外され、、大きく息を吸う。そして吐く。できてるのかな、、?あぁ、できてる。この12時間ほどの空白、、睡眠以外に味わった空白。私にとっては この世に生まれ出た日のようなものだ。あまりにも新鮮で、心が生命力に満ちる。当たり前の「呼吸」をこんなにも愛おしく、尊く感じられるなんて 何てかけがえのないことだろう。こんな不条理な世の中だけれど、すべてのもの、分け隔てなく、穏やかに 、涙色ではない「呼吸 」をしていてほしいと願い、祈る。すべてに生かされていることに ありがとう。田中久子(夕の母 陽)

星のひかり

キャストが日替わりで更新しています。 5つのテーマから、それぞれ書きたいテーマを選んで自由に文章を書いていきます。 1.目を閉じるとそこにあるもの   2.風   3.星   4.声   5.呼吸 今日は、誰がどのテーマで書いているのでしょうか・・・?【テーマ:星】小さい頃から暗闇が苦手でした。
 暗闇の中には何かこわいものが絶対にいると思っていました。 寝る前、目を閉じたときに見える真っ暗闇も、閉じ込められたような息苦しさを感じて苦手でした。でも大人になるにつれて、この暗闇をこわいと思うことが少なくなりました。 暗闇の中で感じる気配は、目に見えないだけ、当たり前にある存在だと知りました。
存在が、見える見えないの違いだけだと気づくと、自然とこわい気持ちは薄れていきました。
 まぶたの裏の暗闇も、よく見ると白や赤色のチリチリした線が見えたり、突然紫色の不思議なグラデーションがゆらゆらと揺れています。
水の中に浮かんでるような不思議な感覚を感じたまま、パチンと夢の中に入っていくようになりました。 小さい頃から知ってる暗闇と、今、目の前にある暗闇は全く違います。 
今目の前にある暗闇は、私の中にある怒り、悲しみ、憎しみ、寂しさ、悔しさを全部かき集めて、それがいつもはち切れそうなほど膨らんでいるのに、どんどんどん膨らみ続ける、、、 ずっとずっと終わりなく、続く。 どれだけ先に進んでも終わりが見えません。 でもこの暗闇の中で、いつも見える星があります。 たくさんあります。
 たくさんの星のひかりがあるから、どれだけ暗くてもこわくても迷うことなく進めます。 
この暗闇の先に守りたいものがある限り、歩きつづけます。いつも見える星空といっしょに。星光里(天ノ湊)